SCORE CARDBACK NUMBER

10代最後の夏で
石川遼が得た新感覚。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byShizuka Minami/T&t

posted2011/08/20 08:00

10代最後の夏で石川遼が得た新感覚。<Number Web> photograph by Shizuka Minami/T&t

ブリヂストン招待では首位と1打差の2位で最終日を迎えるもスコアを伸ばせず4位タイ

 全米プロゴルフ選手権の前週に開催されたブリヂストン招待世界選手権の試合前の大きな話題は、3カ月ぶりにツアーに復帰したタイガー・ウッズだった。

 今季、タイガー不在の米ツアーは、ルーキーが6勝するなど「すでにタイガーの時代は去った」という意見がある一方で、視聴率やギャラリー数効果を見込んだ「タイガー待望論」も根強く存在した。

 果たして、この大会は、タイガーがかつてのオーラを他の選手に感じさせることがないまま、若い選手で上位が埋め尽くされた。

 その一人が4位となった石川遼だった。この大会前までの彼のゴルフを見ていると、まるで悩み抜いているまま、試合で戦っているように見えた。逆の言い方をすれば、急激にあれもこれもと情報や技量を吸収しようとし過ぎて、消化不良を起こしているようでもあった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 503文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

覇者たちの夏。~甲子園 最強高校伝説~

関連記事

石川遼
タイガー・ウッズ

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ