ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

エンダムとの再戦は村田有利だが。
会見の言葉でリマッチの展開を占う。 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byHiroaki Yamaguchi

posted2017/08/08 08:00

エンダムとの再戦は村田有利だが。会見の言葉でリマッチの展開を占う。<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

世界戦とは思えない和やかな雰囲気で進んだ村田諒太の記者会見。しかし、ボクシングに勝者は1人しかいないのだ。

対戦相手に対する「リスペクトしすぎ」が敗因か。

 少し早いかもしれないが、前回の試合を踏まえて、“エンダムvs.村田”IIを2人のコメントを軸に占ってみたい。

 5月の第1戦で村田はエンダムの一発をもらわないよう慎重に立ち上がり、4回に得意の右でダウンを奪った。その後もエンダムを何度かロープに吹っ飛ばすなど優位に試合を進めたかに見えた。しかし結果は前述のとおり、アウトボクシングをしながら、あまり効果的には見えないパンチを出し続けたエンダムが小差の判定勝利をものにした。

 村田は前回の“敗因”を「チャンスで詰め切れなかったのが一番の原因だと思う。彼の回復力が頭に入りすぎていて、そこで自分がスタミナを使い切ってしまって、そのあとの試合展開が悪くなってはいけないと考えすぎてしまった」と説明した。過去の世界タイトルマッチで6度もダウンしながら、12ラウンド戦い抜いたエンダムをリスペクトしすぎてしまったというわけだ。

エンダムは前回の苦戦を認めつつも、修正に自信。

 一方、フランスから今回のプロモーションのため1泊2日の強行日程で来日したエンダムは、第1戦を次のように振り返った。

「前回はハード・ファイトを予想していたが、それ以上に厳しい、力強いファイトになった。接戦の末に(物議を醸す)判定となったが、それは私にとっては当然のことだ。2人の素晴らしいボクサーが全力を出して戦えば接戦になるし、その結果、論争も巻き起こったのだろう」

 さらに、具体的な内容こそ明かさなかったものの「私は自分が見つけたミスを修正する。10月は5月に見られなかった私を見ることができるだろう。前回と同じ展開には絶対にならない」と言い切った。

 とはいえ、10月の第2戦も村田が前に出て圧力をかけ、エンダムがアウトボクシングで対抗する、という構図に変わりはないはずだ。その上で前回よりレベルアップできる可能性があるのは、より経験が少なく、前回の試合で敗れながらも確かな自信を得た村田であろう。

【次ページ】 村田有利は間違いないが、崖っぷちなのも事実。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

村田諒太
アッサン・エンダム

ボクシングの前後のコラム

ページトップ