プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

飯伏幸太の熱中症トライアングル。
27年目のG1クライマックス開幕! 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2017/07/18 17:30

飯伏幸太の熱中症トライアングル。27年目のG1クライマックス開幕!<Number Web> photograph by Essei Hara

苦戦を承知で地獄のG1戦線に戻ってきた飯伏。その目に宿る野望は、未知数の怖さを湛えている。

外国人としてどれだけのし上がれるか?

 オメガもまた、プロレスに対するスタンスは違う。

 日本における“ガイジン”というコンセプト。「路上プロレス王」というもうひとつの成り立ち。そこからトップにのし上がっていくという野望とバイタリティ。ゲームの中の戦いを現実のリングで再現、進化させるというプランニング。

 IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカとは今年、もう2回も戦っているのだ。1.4東京ドームと6.11大阪城ホールで。そして3回目は、このG1におけるBブロック最終戦として8.12両国国技館で組まれている。

 オメガにとって、負け、引き分けに続く3戦目は勝利しかないだろう。

 もちろん、両国でオカダに勝てなければ、優勝決定戦進出もないだろうし、G1連覇からIWGP王者へ……というプランが消滅してしまう。

 オメガは昨年のG1優勝者としてV2を狙うが、“旧友”飯伏に熱いラブコールも送っているのだ。

 8月13日、両国国技館の「優勝決定戦のリングで待っている」と。

2017Numberプロレス総選挙

Sports Graphic Number PLUS AUGUST 2017

2017Number
プロレス総選挙

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
飯伏幸太
内藤哲也
ケニー・オメガ
新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ