SCORE CARDBACK NUMBER

独断と偏見のG1優勝予想! キーワードは「無事是名馬」。~怪我をしないプロレスラーは偉大だ~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2017/07/27 12:00

独断と偏見のG1優勝予想! キーワードは「無事是名馬」。~怪我をしないプロレスラーは偉大だ~<Number Web> photograph by Essei Hara

6月のIWGPヘビー級王座戦は60分ドローに終わったオカダ(左)とオメガ(右)。通算対戦成績はオカダの1勝1分け。

 新日本恒例の“真夏の祭典”G1クライマックスが7月17日、札幌大会で幕を開けた。出場20選手がA・Bブロックに分かれてのリーグ戦、8月13日の東京・両国国技館が優勝決定戦だ。

 全19大会、約1カ月に及ぶロング・サーキット。怪我なくフル出場でVレースを乗り切ることが全選手に課せられたテーマだろう。

 筆者にとって残念なのは、大会の常連であった柴田勝頼(硬膜下血腫)、本間朋晃(中心性頸髄損傷)が長期欠場でいないことだ。両選手とも個性派として際立ち、大会を盛り上げてきた人気者なだけに、早い時期の復帰を願うしかない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

新日本プロレス
オカダ・カズチカ
ケニー・オメガ

プロレスの前後のコラム

ページトップ