オリンピックPRESSBACK NUMBER

サニブラウンを甦らせた女子選手。
「は? 経験のためにロンドン?」 

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph byTakashi Shimizu

posted2017/07/11 17:00

サニブラウンを甦らせた女子選手。「は? 経験のためにロンドン?」<Number Web> photograph by Takashi Shimizu

日本選手権では、100m、200mの双方で圧倒的な勝利を見せたサニブラウン。187cmという体格も、可能性の大きさを期待させる。

サニブラウン「姉さんに喝入れられましたね」

「姉さんに喝入れられましたね」

 サニブラウンはそう振り返る。

 レイダーコーチが練習パートナーの組み替えをしなければ、日本選手権2週間前にヘンゲロで200mに出ていなかったら、日本選手権の2冠はなかったかもしれない。

 ロンドン世界陸上で連覇をする、という明確な目標を持ったバートレッタや他のトップ選手と練習することで、サニブラウン自身の立ち位置、そして向かうべき道が定まったのだろう。「ロンドンは出られたらいいな」、というぼんやりした気持ちから、「絶対に代表権をとってロンドンに行くんだ」に。

 日本選手権で2冠を達成した後には「ボルトと戦いたい」、「9秒台は通過点」、「最終的には世界記録が目標」と、発する言葉も目標も明確に、そして高くなった。

 北京に続き、2大会連続の世界選手権となるロンドン大会。心身ともに成長したサニブラウンの活躍を期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
サニブラウン・アブデルハキーム
ティアナ・バートレッタ
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ