オリンピックへの道BACK NUMBER

平昌、東京、北京、2026は札幌?
欧州で五輪は「壮大な浪費」扱い。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/06/25 08:00

平昌、東京、北京、2026は札幌?欧州で五輪は「壮大な浪費」扱い。<Number Web> photograph by AFLO

6月の臨時理事会後に記者会見するIOCのトーマス・バッハ会長。果たして今後の開催地はどう決まっていくのだろうか。

2大会の開催都市決定は「時間の猶予」にはなる。

 IOCは、2024年以降の開催都市に対し、約15億ドルの資金を援助することを決めたが、今日の大会規模を考えれば、決して多いとは言えない。

 コンパクトな開催も奨励してきたが、ふくらみがちであるのは現実が示しているし、開催後のリオの惨状などもまた、各都市にとって、立候補にあたっての不安材料にほかならない。IOCがより資金面で支えとなる、あるいは大会運営のあり方の抜本的な見直しなどがなされなければ、いずれ行き詰まりを見せる可能性はある。

 2大会の開催都市同時決定は、「時間の猶予」にはなる。その間に、どう改革できるかが、将来を左右する。

関連記事

BACK 1 2 3
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ