ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

「奇妙な味」が堪能できる、児童文学作家の“冒険記”。~石油会社と空軍でのエピソード集~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2017/06/28 07:00

「奇妙な味」が堪能できる、児童文学作家の“冒険記”。~石油会社と空軍でのエピソード集~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『単独飛行』ロアルド・ダール著 永井淳訳 ハヤカワ文庫 800円+税

 短編の名手で児童文学作家ダールの青年期の自伝。前半は、「自分にとって忘れがたいと思われる体験だけ」を書いた石油会社シェルの東アフリカ勤務の日々。後半が、「少なくともわたしにとっては文句なしに魅惑的だった」第二次大戦で戦闘機乗りとしてイギリス空軍に勤務した体験のすべて。この2つが一体になり波乱万丈かつクールな“冒険記”でもある。

 ロンドンの本社で3年目を迎えた22歳の著者は1938年に念願の東アフリカ勤務を命じられた。現在のタンザニア、第一次大戦後ドイツ領からイギリス支配地となった“植民地”だ。未来の作家の植民地での生活、支配と差別のあれこれを……になりそうだが、そんな記述は一切ない。書いたのは、人を襲う毒蛇ブラック・マンバ、グリーン・マンバのそれぞれとの対決とコックの妻をくわえて運ぶライオンを追跡する3つの出来事。そして開戦に伴い著者と、著者に忠実な召使の少年が体験したおぞましくも恐ろしい事件だけ。乾いた文章に漂う皮肉とユーモア、「奇妙な味」と評される著者の短編小説そっくりだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 457文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜の挑戦。~日本ラグビー W杯8強への道~
ロアルド・ダール
永井淳

他競技の前後の記事

ページトップ