錦織圭、頂への挑戦BACK NUMBER

錦織圭、全仏ベスト8で何を感じた?
回復力と笑顔と王者ナダルの言葉。 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2017/06/13 11:40

錦織圭、全仏ベスト8で何を感じた?回復力と笑顔と王者ナダルの言葉。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

錦織の課題=フィジカル面、というイメージが定着してしまったが、本人と周囲は着実に成長している実感がある。

10度目の全仏制覇を成し遂げたナダルの興味深い言葉。

 さて、錦織がローランギャロスを去った4日後、錦織を破ったマレーはスタン・ワウリンカとの激戦の末に敗れた。そのワウリンカ相手に圧勝したのはラファエル・ナダルで、全仏オープンV10を達成した。ナダルの優勝会見でのこんな言葉が印象に残っている。

「10回目のローランギャロス優勝、これは最高にうれしいし、特別なことだ。でも僕はグランドスラムのことだけを考えているわけじゃないし、テニスはグランドスラムだけで語られるべきじゃない。グランドスラムが全てなら、ツアー選手は皆やりきれないだろう。過去10年の間に何人のグランドスラム・チャンピオンが生まれたにせよ、その一方で、グランドスラム・タイトルがなくてもすばらしいキャリアを持つ選手が何人もいる」

 これ以上ないほどヒーローらしく頂を制したチャンピオンが、誰の顔を思い浮かべていたかは、聞いた人それぞれが想像すればいい。真の王者の、ライバルたちへの敬意の深さには感服する。「グランドスラムが全てじゃない」は慰めではなく、あと数歩に迫る、夢へのエールのように聞こえた。

関連記事

BACK 1 2 3 4
錦織圭
ラファエル・ナダル

テニスの前後の記事

ページトップ