“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

ソテルドは“変態”的に強かった!
U-20W杯で原輝綺が見た世界レベル。
 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byPenta Press/AFLO

posted2017/06/11 07:00

ソテルドは“変態”的に強かった!U-20W杯で原輝綺が見た世界レベル。<Number Web> photograph by Penta Press/AFLO

左からソテルド、市丸、原。U-20W杯決勝まで上り詰めた「ソテルド」の名は、そう遠くない未来に世界で轟くことになるはず。

Jリーグでもがく原と、U-20W杯決勝に進んだソテルド。

 J1残留に向け、厳しい戦いは続くが、その一方でU-20W杯で日本を下したベネズエラは、アメリカとウルグアイを撃破してイングランド相手の決勝進出を決めた。

「やっぱり同年代の選手にあれだけの差を見せつけられると、もうこれ以上引き離されたくないと強く思う」

“158cmの衝撃”を受けた原にとって、ジェフェルソン・ソテルドという1人のフットボーラーは、自分と世界の距離を測る重要な尺度となった。

「絶対に彼との距離感を見失ってしまってはいけないんです。見失ってしまった時点で、僕が受けた衝撃は意味をなさないものになってしまうので」

 コツコツと自分のランクを積み上げ、いつかは……原輝綺はこの“158cmの衝撃”を“178cmの逆襲”に変えていく旅の一歩を踏み出した。

関連記事

BACK 1 2 3 4
原輝綺
市丸瑞希
ジェフェルソン・ソテルド

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ