F1ピットストップBACK NUMBER

ホンダ大不振払拭のきっかけに?
パワーユニット複数供給と政治力。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/05/10 08:00

ホンダ大不振払拭のきっかけに?パワーユニット複数供給と政治力。<Number Web> photograph by Getty Images

ホンダの供給2チーム目となるザウバー(後方)。1993年参戦の古参チームだが、今季はマクラーレンとともに下位集団に沈む。

「多くの批判があることはわかっています。でも……」

「われわれに対して、多くの批判があることはわかっています。でも、ホンダの中に楽観的にやっている人間はひとりもいない。それだけははっきり言えます。ただ、知見が足りないとか、経験が足りないとか、F1で何十年も飯を食っている人たちと(F1に7年ぶりに復帰したホンダが)違うことは間違いない。エンジン開発というのは、どうしても時間がかかる。今日、明日でなんとかしろと言われて、どうなるものではない。将来を考えて、計画を守ることが大切なこともあります」

 ザウバーのカルテンボーン代表は、なぜいま、これほど厳しい状況に立たされているホンダのPUを2018年から搭載することを決定したのかについて、次のように回答した。

「私たちが2014年に搭載していたフェラーリも競争力という点で当時、同じような状況にありました。でも、彼らはその後、挽回してきました。私たちはホンダも現在、抱えている問題を改善できると確信しています。まだ時間は十分あります」

 ホンダを必要としている人がいる。それこそが、今回の2チーム目への供給の最大のメリットではないだろうか。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3
マクラーレン・ホンダ
フェルナンド・アロンソ
ザウバー

F1の前後のコラム

ページトップ