“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

東福岡のJ内定3人衆が選手権席巻?
彼らはエリートか、それとも雑草か。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2016/12/27 17:00

東福岡のJ内定3人衆が選手権席巻?彼らはエリートか、それとも雑草か。<Number Web> photograph by Takahito Ando

左からジュビロ磐田内定の藤川虎太朗、ガンバ大阪内定の高江麗央、鹿島アントラーズ内定の小田逸稀。

次こそは、決勝でポジションを取られないように……。

「もし準々決勝までに僕がチームで一番点を獲っていたり、一番チームに貢献していると監督が認めるようなプレーが出来ていたら、準決勝、決勝は僕がスタメンだったかもしれない。そこは受け入れないといけない」

 今年は“最後まで信頼される選手”になる、と誓う。高校選手権でも当然、その精神を貫いて、チームの勝利のために戦う決意を固めている。

「このままでは終われない」という想い。

 それぞれの物語を経て、臨む最後の選手権。

「このままでは終われない――」

 三者三様の想い。

 だが、3人の根底にあるものは同じだった。それぞれがやがて違う環境に飛び込んで行く中で、やり残したことを全力でやりきる。

「東福岡のために全力で頑張る。チームが優勝出来れば、自分の借りも返せると思うので。まずは(サッカー部の)311人のメンバーと監督、スタッフ、保護者の皆さんのために2連覇目指してやりたい」(高江)

「赤い彗星」は九州の大地から有終の美を求め、再び関東に降臨する――。

関連記事

BACK 1 2 3 4
小田逸稀
藤川虎太朗
高江麗央
鹿島アントラーズ
ガンバ大阪
ジュビロ磐田
東福岡高校
市立船橋高校
青森山田高校

高校サッカーの前後の記事

ページトップ