“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

日本代表の未来のサイドバック!?
桐光学園の主将タビナスに注目せよ。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2016/12/26 17:00

日本代表の未来のサイドバック!?桐光学園の主将タビナスに注目せよ。<Number Web> photograph by Takahito Ando

高校選手権連覇を目指す東福岡、高円宮杯U-18CSを制した青森山田、高校総体優勝の市立船橋らと共に、選手権優勝を競う桐光学園のタビナス。

「長友佑都選手が世界一を目指しているように……」

「注目されて、こうしてプロ入りが出来たことは凄く光栄なこと。だからこそ、浮かれてはいられないし、しっかりと自分の将来を見つめていきたいと思います」(タビナス)

 彼の見つめる将来は――自分を育ててくれた人への恩返しができるようなサッカー人生を送ること。高校最後の選手権でチームをより上に導き、川崎で出番を掴んで活躍し、東京五輪に出場し、やがてはA代表に入ってW杯、海外クラブで活躍していくことだ。

 その将来への道を実現するために、彼は20歳の誕生日を目処に帰化を申請する予定だ。それは本人の望みであり、両親の望みでもある。

「ジェフには日本のサイドバックの新時代を作って欲しいと思っている。将来的には世界に飛び出して、長友佑都選手が世界一のサイドバックを目指しているように、彼もその意識でやってもらいたい」(鈴木)

 日本で生まれ育ち、桐光学園で左サイドバックとしての基礎を築いた。彼は、日本を代表するサイドバックになることを心から望んでいる。

 まずは高校選手権で彼のサイドバックとしての3年間の成果を披露し、世界に羽ばたく布石としてほしい。

コメント

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

タビナス・ジェファーソン
桐光学園高校
川崎フロンターレ
鈴木勝大

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ