JリーグPRESSBACK NUMBER

グランパスに欠落した「リスペクト」。
本田、吉田、玉田らOBが今語ること。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2016/11/11 12:15

グランパスに欠落した「リスペクト」。本田、吉田、玉田らOBが今語ること。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

J2降格に伴って、大量の選手を放出している名古屋グランパス。来年クラブのレガシーを継ぐのは誰になるのだろうか。

プロ選手を束ねる、という固有の難しさ。

 精巧な技術を駆使し、世界最高峰の自動車を作り上げるのがトヨタである。サッカークラブは、プロプレーヤーという個人事業主を1つに束ね、闘う集団に昇華させる経営手腕が求められる。もしかすると、そこには固有の難しさがあるのかもしれない。

 リスペクト。これが欠ければ、競技集団はすぐに崩れ去る。名古屋はここ数年、地元に向けて「愛されたいクラブ宣言」というテーマを掲げていた。ただ、サッカークラブの根幹を担う選手への尊重が、ややもすると欠けていたのかもしれない。今の彼らからは、血の色も、人肌の温度も感じ取ることができない。

 必要なのは、再生ではない。新たな集団に、生まれ変わるために――。赤鯱が抱える課題は、山積である。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
田中マルクス闘莉王
名古屋グランパス

Jリーグの前後の記事

ページトップ