フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

SP自己ベスト更新の宇野昌磨。
世界王者に迫る内容でファイナル決定! 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/11/09 07:00

SP自己ベスト更新の宇野昌磨。世界王者に迫る内容でファイナル決定!<Number Web> photograph by AFLO

キス・アンド・クライで驚きの表情を見せた宇野と樋口コーチ。樋口コーチは他にも、村上佳菜子や松田悠良らの指導も行っている。

SP10位から総合7位と追い上げた田中刑事。

 SP10位という厳しいスタートをきった田中刑事は、フリーのフェデリコ・フェリーニ映画のサントラメドレーでは、素晴らしい演技を見せた。

 冒頭の4サルコウではバランスを崩してステップアウトしたものの、残りはほぼノーミス。最後までスピードが落ちることなく、体全体を使ったはつらつとした演技でフリー5位、総合7位まで追い上げた。

 総合3位に入ったのは、昨シーズンの欧州選手権2位だったイスラエルのアレクセイ・ビチェンコだった。

 一方女子は、ロシアのアンナ・ポゴリラヤが優勝し、エレーナ・ラジオノワが2位。3位はアメリカのコートニー・ヒックスが入った。SP3位だったユリア・リプニツカヤはフリーでは負傷が原因で演技を途中で中断。再開して滑りきったものの、総合12位に落ちた。

 シニアGPデビュー戦だった松田悠良は総合6位、村上佳菜子はジャンプミスが重なって11位に終わった。

 ペアはドイツのアリオナ・サフチェンコ&ブルーノ・マッソがSP2位から逆転優勝、アイスダンスはロシアのエカテリナ・ボブロワ&ディミトリ・ソロビエフが、やはりショートダンス2位から逆転優勝した。

関連記事

BACK 1 2 3
宇野昌磨
ハビエル・フェルナンデス
田中刑事
村上佳菜子
アレクセイ・ビアチェンコ
アンナ・ポゴリラヤ
エレナ・ラジオノワ
コートニー・ヒックス
ユリア・リプニツカヤ
松田悠良

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ