沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

「菊花賞は強い馬が勝つ」は古い。
折り合いが重要なら、ディーマジェ。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/10/22 08:00

「菊花賞は強い馬が勝つ」は古い。折り合いが重要なら、ディーマジェ。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

セントライト記念では、力強く抜け出して最後は余裕すら見せたディーマジェスティ。菊花賞でも強さを見せられるか。

夏の上がり馬の中にも注意が必要な馬が数頭。

 菊花賞では、夏の上がり馬が春の実績馬を負かしてしまうこともよくある。

 となると、古馬を相手に連勝中で、栗東に滞在して調整されているシュペルミエール(牡、父ステイゴールド、美浦・木村哲也厩舎)や、同じく連勝中のウムブルフ(牡、父ディープインパクト、美浦・堀宣行厩舎)、北海道で2勝し、前走の神戸新聞杯で2着に来たミッキーロケット(牡、父キングカメハメハ、栗東・音無秀孝厩舎)などにも注意が必要だ。

 あとは、NHKマイルカップで3着なので、上がり馬と言っては失礼かもしれないが、札幌記念で2着のモーリスと並ぶメンバー最速の上がりを叩き出して3着になったレインボーライン(牡、父ステイゴールド、栗東・浅見秀一厩舎)あたりか。

 ここで結論。

◎ディーマジェスティ
○サトノダイヤモンド
▲レインボーライン
△エアスピネル
×シュペルミエール
注ウムブルフ

 あまり面白みのない印になってしまったが、ディープ産駒は3000m以上で勝っていないというジンクスが生きつづける場合に備えて、レインボーラインとエアスピネル、シュペルミエールの単勝も買ってみたい。

関連記事

BACK 1 2 3
サトノダイヤモンド
ディーマジェスティ

競馬の前後の記事

ページトップ