松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

ゴルフはいつだってギャップだらけ。
松山英樹のスコアと満足感の差。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph bySonoko Funakoshi

posted2016/09/14 17:00

ゴルフはいつだってギャップだらけ。松山英樹のスコアと満足感の差。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

背後には「ULTIMATE(究極)」の看板。松山英樹の求めるゴルフに言葉をつけるとしたら、そんな言葉になるのだろうか。

ゴルフは、どこまで行っても忍耐の競技なのだ。

 ハイスタンダードを目指す戦いは、世界での位置付けが上がれば上がるほど、さらに熾烈になって続いていく。周囲には簡単には理解されず、自分自身、簡単には達成できないハイスタンダード。その狭間で戦っていくのは忍耐の要る仕事だ。

 けれど、何が起こるかわからないのがゴルフだ。不調が続いていても、どんなときも、勝利の可能性を諦めることは絶対にない。

「そう思ってないと、やらないです。やめてますよ」

 そして、その逆も起こりうる。

「どんなに好調なときでも、とんでもない出来事が起こる。信じられないようなことが襲いかかる。だから、ゴルフはフェアなんだ」と、優勝したジョンソンがしみじみ言っていた。

 それが、ゴルフ。松山の苦悩も、ゴルフだからこその迷走。

「What's wrong with him?(彼は何が気に入らないんですか?)」

 今度、松山の周囲で、そう尋ねられたら、こんなふうに答えよう。

「いやいや彼は、ただただゴルフをしているんです」

 たぶん、それがベスト・アンサーだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
松山英樹

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ