プロ野球亭日乗BACK NUMBER

ついに殿堂入りを果たした落合監督。
野球人としての行く着く先は……。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2011/01/26 10:30

ついに殿堂入りを果たした落合監督。野球人としての行く着く先は……。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

史上最多となる3度の三冠王獲得(1982年、85年、86年)をはじめ、広角に打ち分ける独特の打法で数々の記録を樹立。監督としても7年連続Aクラスと手腕を発揮している

正力松太郎賞と野球殿堂では、まだ夢は終わらない。

「現役時代に自分で取れる賞は全部取った」

 落合監督は豪語した。

 だから現役を退いた後は、人から与えられる三つの賞を手にすることが夢なのだともいう。その一つ目が正力松太郎賞。そして二つ目の野球殿堂入りも果たしたいま、落合監督が最後の三つ目として求めるものは、いったい何なのか……。

 それは国民栄誉賞だというのだ。

 球界では、王貞治ソフトバンク球団会長と連続試合出場の世界記録を持つ元広島・衣笠祥雄さんの二人しか持たない最後の「権威」は、もはや野球界という枠を越える世界の話だった。

「野球界からもらえるものは全部、いただいた」――。

 殿堂入りのスピーチ。そんな話を胸に聞いたこの言葉に落合監督の願いを感じ、「なるほど」と妙に納得させられた。

関連記事

BACK 1 2 3
落合博満

プロ野球の前後の記事

ページトップ