Number on NumberBACK NUMBER

斎藤佑樹の“プロ通用度”。
~3つのデータが語るものとは?~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/01/25 10:30

斎藤佑樹の“プロ通用度”。~3つのデータが語るものとは?~<Number Web> photograph by KYODO

 斎藤佑樹は、2011年のプロ野球の顔である。プロで1球も投げていない選手にこういうことを言うのは、一般論としては間違っているが、斎藤は、そういう一般論に収まる選手ではない。彼ほど多彩な物語を築いてプロ入りする選手は、日本野球の歴史上でも、ちょっと前例がないからだ。

 甲子園の決勝で引き分け再試合をやったのは彼が最初ではないが、その時、投げ合った投手が2人ともプロ入りするのは初めてのこと。斎藤が日本ハムに入ったことで、プロにおける田中将大との再戦には「北海道―東北」という近隣対決の意味合いも加わった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

斎藤佑樹
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ