JリーグPRESSBACK NUMBER

リオ逃した関根貴大に沸き立つ野心。
浦和の先輩・原口との1対1を原点に。 

text by

轡田哲朗

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/09/09 17:00

リオ逃した関根貴大に沸き立つ野心。浦和の先輩・原口との1対1を原点に。<Number Web> photograph by AFLO

関根はルヴァン杯神戸戦で、浦和の下部組織出身・高橋峻希と激しいマッチアップを繰り広げた。

どんな相手にも圧倒的な力を見せなければならない。

 その原口が浦和でどんな存在だったかと言えば、チームの勝敗を分ける存在だ。「原口が良かったから勝った、原口が決められなかったから負けた」と評価されることも少なからずあった。関根もまた、日本代表経験者がずらりと並ぶ浦和の中で同じような存在になることを意識している。

「自分がこのチームの顔になるくらいの活躍をしないといけないし、それだけの力がないと海外では通用しないのかなと。間違いなく目に見える結果を残さないと海外には行けないし、行っている選手はそれができた上で自信を持って行っているんで。とにかく、どんな相手にも圧倒的な力を見せることですね」

 関根のそうした思いは、ピッチ上にも表れ始めている。ちょうどリオ五輪が終わったころに一度体調を崩し、リーグの大一番となった川崎フロンターレ戦を欠場したのは悔恨の事態だったが、復調した今はトップフォームを取り戻している。

 ボールを受けて仕掛ければ、必ずと言っていいほどクロスまで持ち込む。状況に応じて左右両足のどちらでボールを運ぶか、ブロックに来る相手のどこを通せばクロスが上がるかといった技術的な研究や成長も見せてきた関根は、浦和の中でも“個の仕掛け”という意味では別格の存在になりつつある。

浅野、大島、遠藤ら「リオ経由ロシア」組を追い抜け。

 ヴィッセル神戸と戦ったルヴァン杯準々決勝の第2戦でも、関根は2アシストをマークした。特に、すでに3-0とリードしていたものの、暑さの厳しい気候の中でサイドのアップダウンを繰り返した後の後半39分にアッサリと左サイドをドリブルで破り、李忠成に「あとは決めてください」というパスを通したのは圧巻だった。ゴールを決めた李も「ほぼ関根のゴールと言ってもいいと思いますね」と、完璧なプレーだったと話した。

 そのルヴァン杯の裏では、浅野拓磨(シュツットガルト)、大島僚太(川崎)、遠藤航の3人がワールドカップ最終予選のA代表に招集され、大島はUAE戦でスタメン出場、浅野はタイ戦でゴールも決めている。いわゆる「リオ経由ロシア行き」が見え始めている。

 だが関根は、そうした存在を一気に後方から抜き去っていく決意を持っている。まさに、「ぶっちぎりの存在」になること。それが、明確になっている海外への扉を開き、リオをスキップしてロシアに到達する未来も切り開いていくはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3
関根貴大
浦和レッズ
手倉森誠
原口元気
ミハイロ・ペトロヴィッチ

Jリーグの前後の記事

ページトップ