“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

絶対王者・東福岡に揃った才能たち。
1校から4選手がJ入りの可能性も!? 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2016/07/27 11:00

絶対王者・東福岡に揃った才能たち。1校から4選手がJ入りの可能性も!?<Number Web> photograph by Takahito Ando

前列左から青木駿(MF)、鍬先祐弥(MF)、福田湧矢(MF)、藤川虎太朗(MF)、高江麗央(MF)、後列左から児玉慎太郎(DF)、藤井一輝(FW)、中村駿(DF)、小田逸稀(DF)、三郎丸瑞基(DF)、前島正弥(GK)。

1年生から得点王に輝いた藤川の才能。

 ツーシャドーの一角を担う藤川は、1年時からエース候補として注目を集めてきた。

 昨年のインターハイでは得点王に輝くなど、アタッキングサードで大きな存在感を放った。彼の魅力はシンプルなプレーと、その質の高さ。密集地帯でも常に周りを見て、ダイレクトプレーやワンタッチプレーで裏へと飛び出していく。リズム感ある動きで周りを活性化させながら、フィニッシュワークにも顔を出す。相手が食いついてこなければドリブルで侵入し、自らほころびを生み出して行く。自分で行くところと人を使うところの判断の質の高さが最大の武器だ。

もう“藤川の代役”とは言わせない!

 そして、最後は藤川とツーシャドーを形成する高江。

 彼の魅力は“個の打開力”。見ていて非常に分かりやすく、ボールを持ったら積極的に仕掛け、抜群のアジリティーとボディーバランスを駆使して、相手の守備網を切り裂いていく。

 小田、鍬先、藤川ら3人との違いは、昨年はレギュラーポジションを確保出来ていなかったことにある。昨年度の選手権こそ初戦からスタメン出場を飾ったが、これは大会前に負傷をした藤川の代役という位置づけだった。現に準決勝と決勝は、復帰した藤川にポジションを明け渡してしまった。

「選手権で優勝したけど、個人的には悔しい思いをしている。虎太朗の怪我が無ければ、自分はスタートから出ることは出来なかったし、せっかくチャンスをもらったのに結果を出せなかった自分が本当に腹立たしかった。この悔しさを晴らすためには、今年一年の頑張りが重要だと思うし、自分が攻撃を引っ張る気持ちで、得意のドリブルでどんどん仕掛けて、周りから注目される存在になりたい」

 もう「藤川の代役」とは言わせない。

 奮起した今年はその言葉通り、勇猛果敢に仕掛け、プレミアリーグではチーム最多タイの4得点をマーク。有言実行を続けたことで、注目度で3人と肩を並べる存在に成長をした。

【次ページ】 「強烈な能力を持った個がいるだけでは優勝できない」

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小田逸稀
児玉慎太郎
鍬先祐弥
藤川虎太朗
高江麗央
福田湧矢
東福岡高校

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ