プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武・大石達也がようやく帰ってきた。
同期の牧田、秋山を今度は追う側に。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/07/26 07:00

西武・大石達也がようやく帰ってきた。同期の牧田、秋山を今度は追う側に。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

斎藤佑樹、大石達也、福井優也――2010年の早稲田大学の3人の投手は、紛れも無くドラフトの目玉だった。今季、大石は7月19日ロッテ戦以外は無失点である(7月24日現在)。

「これからもストレートを極めていきたい」

 大石は続ける。

「もう少しスピードが出て、ストレートで空振りを取れれば自信も持てるんですけど、まだ大学の時の感覚までは戻っていませんね。大学時代は真っ直ぐで空振りをとれていたので、それが自分の中での理想のピッチングです」

 ハンカチ世代であると同時に、大石が西武に入団した2010年ドラフトは、ライオンズにとって豊作の年だった。2位で指名された牧田和久と3位の秋山翔吾の活躍は今さら説明するまでもない。ただし、同期に遅れは取ったものの、大石もまた、着実に一歩一歩、プロでの歩みを進めてきたのだ。

 6球団競合の話題を報道陣に振られると、「自分では、そのことはもう忘れている」と視線を床に落として笑った。

「これからもストレートを極めていきたい」

 大石の着実な前進は続いていく。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大石達也
福岡大大濠高校
早稲田実業高校
斎藤佑樹
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ