パラリンピックへの道BACK NUMBER

パラ走り幅跳び“世界最強”山本篤。
日本初メダリスト、探究心で頂点を。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/07/18 08:00

パラ走り幅跳び“世界最強”山本篤。日本初メダリスト、探究心で頂点を。<Number Web> photograph by Getty Images

山本はアスリートの立場としてスポーツ用義足開発にも関わった。自らのスキルとともに“メイド・イン・ジャパン”のクオリティを見せつけるはずだ。

身体の研究、義足の改良に携わるなど可能性を追求。

 また、内容にも変化が表れた。ロンドン前、6mを超えていたのは実は国内の大会でのことだったが、ロンドン後は国際大会で6mを常時と言っていいほど、コンスタントに超えられるようになったのである。それは地力のアップがもたらしたゆとりも大きかったろうし、大会への向かい方の改善をも意味している。

 その後、世界記録は塗り替えられたが、リオデジャネイロへ向けて、手ごたえは感じている。

 以前、講演会では、あきらめないこと、挑戦することの大切さを伝えた。

 大阪体育大学へ進んだのは、自身の可能性を試したかったからにほかならない。そして、身体の研究をし、義足の改良にも携わるなどしてきたことも、可能性の追求だ。

 その挑戦の先に、3度目の大舞台が待っている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山本篤
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ