テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭「チケットの元はとれたかな」
ウィンブルドン初戦を面白くした創意。
 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/06/28 11:10

錦織圭「チケットの元はとれたかな」ウィンブルドン初戦を面白くした創意。<Number Web> photograph by AFLO

錦織圭にとって、芝コート+ビッグサーバーは最悪の相性に近い。それを完勝したことの意味は大きい。

硬軟織り交ぜた、錦織のカラフルなショット。

 力任せに時速200キロ超のサーブを放り込まれれば、レシーバーにできることは多くない。その中でも錦織は工夫の余地を見つけ、それを糸口にサーブを攻略していった。また、硬軟織り交ぜたカラフルなショットで、数少ないストローク戦を支配した。

 一つ間違えば楽しくないものにもなりかねなかった試合を、まさしく戦術と技術の工夫で乗り切った。その結果が3セットでのストレート勝ち。

「タフなサーバーを相手に、あれだけリターンを返せたのは収穫だった。3セットで、タイブレークにも行かずに勝てたのは、これ以上ない(勝ち方)」

 そう、錦織は満足感を漂わせた。忍耐力が試される試合ではあったが、耐える苦しさより、楽しさがまさったのだろう。退場時には、観客席に向けて親指を立て、応援に感謝した。

関連記事

BACK 1 2 3
錦織圭
サム・グロス

テニスの前後の記事

ページトップ