オリンピックへの道BACK NUMBER

桐生祥秀、山縣亮太、ケンブリッジ飛鳥。
決勝の土曜日、日本人初の9秒台狙う! 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byYUTAKA/AFLO SPORT

posted2016/06/24 11:30

桐生祥秀、山縣亮太、ケンブリッジ飛鳥。決勝の土曜日、日本人初の9秒台狙う!<Number Web> photograph by YUTAKA/AFLO SPORT

関東インカレでの桐生祥秀。故障もなく、日本選手権に向けて順調に仕上がっているとのコメントも。

2人にケンブリッジ飛鳥が加わり史上最高の激闘に。

 この2人に限らず、100mではケンブリッジ飛鳥が5月の東日本実業団選手権で自己記録を0秒11上回る10秒10を出している。飛鳥は昨年の織田記念で桐生を破り優勝し注目を集めたが、その後、故障に苦しんできた。だが現在は、その影響から抜け出している。飛鳥の存在も、100mの争いに影響を与えるだろう。

 100mは気象条件に大きく左右される。

 向かい風ならどうしてもタイムは落ちる。24日の16時15分に始まる100mの予選から、25日の決勝までのコンディション次第だが、少なくとも選手たちは9秒台への準備を整えて臨むつもりでいる。それが、日本選手権という大舞台なのだ。

 リオデジャネイロ五輪選考会でもある今大会。最大3枠をめぐって争われる100mの勝負の行方は、そして記録は――。

 近年最もハイレベルな争いが始まろうとしている。

関連記事

BACK 1 2 3
桐生祥秀
山縣亮太
伊東浩司
ケンブリッジ飛鳥
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ