詳説日本野球研究BACK NUMBER

高校球界に150km右腕が新たに2人!
島孝明と藤平尚真の“大物比べ”。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/05/30 10:30

高校球界に150km右腕が新たに2人!島孝明と藤平尚真の“大物比べ”。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

最速150kmを記録した東海大市原望洋の島孝明。高校球界の最強右腕に名乗りをあげた。

都道府県大会は、もう近くに迫っている。

 ここまで投手に絞って紹介したが、野手でも同じことが言える。私がいいと思ったのは中林幹弥(前橋工3年・外野手)、中沢航介(二松学舎大付1年・外野手)、山本晃大(浦和学院2年・外野手)、蛭間拓哉(浦和学院1年・外野手)、小川龍成(前橋育英3年・遊撃手)、飯島大夢(前橋育英2年・一塁手)、石橋康太(関東一1年・捕手)、村田雄大(横浜3年・外野手)、倉石匠己(東海大市原望洋3年・外野手)たちで、9人中1、2年生は5人。

 春の地区大会は、新戦力や下級生のお披露目と言ってもよく、過去には田中将大がいた2006年の駒大苫小牧や、高橋光成がいた2013年の前橋育英が活躍した。

 今年も1、2年生が夏の出場権を懸けた大会でどんなプレーをするのか。真価が問われる都道府県大会はもう1~2カ月後に迫っている。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
前橋育英高校
島孝明
藤平尚真
東海大市原望洋高校
横浜高校

高校野球の前後の記事

ページトップ