Number ExBACK NUMBER

ロンドンの栄光から4年間の苦悩。
鈴木聡美が挑む3つ目の“運命の一戦”。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2016/05/24 17:00

ロンドンの栄光から4年間の苦悩。鈴木聡美が挑む3つ目の“運命の一戦”。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ロンドン五輪では、日本人の女子競泳選手として初めて五輪の個人種目で複数メダルを獲得。低迷の時期を乗り越え、リオへ挑む。

日本記録とほぼ変わらないタイムでの調整。

 温水プール脇の控え室には、4月4日に開幕する日本選手権までの日程が書きだしてある。1月から3カ月間で5回の地方合宿。私たちが訪れたのは2次合宿直後だった。

 1月5日―90日前、2月14日―50日前、3月5日―30日前、3月15日―20日前、3月25日―10日前。カウントダウンされた日付が、緊張感を誘う。水泳部員全員が書いた寄せ書きの中に、「全力で勝負! 鈴木聡美」の文字が読みとれた。

 翌月、3次合宿から戻ってきたトレーナーの岸邦彦先生に話を聞き、練習を見学させてもらった。普段は岸トレーナーが合宿に帯同することはないが、今年は特別に、「合宿に行けるときはできるだけ帯同してほしい」と神田監督からも鈴木選手本人からも請われたという。陣営のかける意気込みが伝わってくる。

 練習は、体力強化からスピード練習を主体としたものに変わっていた。鈴木選手は、50mのインターバル練習をしていた。25mの短水路を往復して約30秒。1分の間隔を置いて、再び50m。何本も何本も、行っては戻りを延々と繰り返している。それも自身が持つ短水路の日本記録とほとんど変わらないタイムで。仕上がりは順調そうに見え、本人の表情も明るい。水中練習後のウエイトトレーニングでは、後輩たちと楽しそうに談笑していた。

 このまま順調に調整が進んでくれることを祈るばかりだ。

予選結果に緊張が走る。

「鈴木 1:08.03 5位」

 4月5日の午前に行われた女子100m平泳ぎ予選結果を、会場の東京辰巳国際水泳場で取材していた松原さんがショートメールで伝えてきた。

 派遣標準記録は1分6秒87。予選1位の金藤理絵選手は1分6秒91と、派遣標準記録を射程にとらえている。

【次ページ】 「腕が震えるほど緊張した」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鈴木聡美
リオデジャネイロ五輪
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ