Number ExBACK NUMBER

ロンドンの栄光から4年間の苦悩。
鈴木聡美が挑む3つ目の“運命の一戦”。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2016/05/24 17:00

ロンドンの栄光から4年間の苦悩。鈴木聡美が挑む3つ目の“運命の一戦”。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ロンドン五輪では、日本人の女子競泳選手として初めて五輪の個人種目で複数メダルを獲得。低迷の時期を乗り越え、リオへ挑む。

「腕が震えるほど緊張した」

「やばいじゃん。どうなの? ダメかな」と返信すると、

「金藤選手が予想以上なのがまずいかも。彼女は200mが専門だったのに、100mでこのタイムとは……。渡部(香生子)、今井(月)選手との三つ巴のレースを予想していたけど、そこに金藤選手も加わってきた。夜の準決勝で情勢が見えてくるでしょう」と松原さん。

 鈴木選手はメディアの囲み取材に、「腕が震えるほど緊張した」とコメント。これで吹っ切れたのか、夜の準決勝は1分7秒08、全体の2位で決勝進出を決めた。なんとか持ち直せたようだ。

 決勝でのことはすでに報じられている。詳しい様子は、Number PLUSの「栄光と重圧。」をご覧いただきたい。

もし、逆転されていたら?

 私たちが鈴木選手に話を聞けたのは、日本選手権最終日の4月10日(日)のこと。すでに200m平泳ぎも終えた鈴木選手は、終始リラックスした様子でインタビューに応じてくれた。

 今年に入ってフォームを戻したこと、この3年間の苦しみはけっして無駄ではなかったこと、3月下旬の最終合宿のタイム計時でようやく自信が持てたこと、日本選手権での予選から決勝にかけての心の動きなどを聞いた後で、最後にこんな質問をしてみた。

「もし3位の金藤選手に、最後の5mで逆転されていたら、今、どうしていたでしょうか」

 リオ五輪の代表に選ばれた彼女に、聞く必要のない質問であることは重々承知のうえだ。記事に反映されないだろうこともわかっている。それでも、聞いてみたかった。

 なぜなら、4日前の100m平泳ぎ決勝が、彼女にとってもう1つの「運命を変えた一戦」であることに間違いなかったからだ。3位の金藤選手とは、わずか100分の7秒差。この差が運命を分けた。ならば、100分の7秒差で分かれた、もう1つの「運命」とは?

「そうですねぇ……。しばらく考えた後で、結論を出したと思います」

 鈴木選手は、言葉を選びながら、そう答えた。「結論」の意味は、問いただすまでもなかった。

【次ページ】 五輪本番は8月8日。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鈴木聡美
リオデジャネイロ五輪
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ