沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

絶対能力、ハイペース、戸崎の騎乗。
ストレイトガール連覇の背景を探る。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2016/05/16 11:20

絶対能力、ハイペース、戸崎の騎乗。ストレイトガール連覇の背景を探る。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

マイラーというよりもスプリンター、という気配の強いストレイトガールだが、強い勝ち方での連覇となった。

スプリント戦のスピードが必要になったハイペース。

 もう一度レース結果を見直して、あることに気がついた。1着のストレイトガールこそ7番人気だったが、2着以下は、1-2-3-4-6-15-5番人気の順で決着している。至極順当に終わったなか、勝ったストレイトガールと、15番人気で7着に来たウキヨノカゼだけが、下馬評を大きく上回る走りを見せたのだ。ストレイトガールは昨年のスプリンターズステークスを勝つなど、マイルよりむしろスプリント戦で結果を出してきた馬だし、ウキヨノカゼも札幌芝1200mのキーンランドカップを勝ったあと、スプリンターズステークスでストレイトガールの3着に来たスピード馬だ。

 先にマイル適性が勝敗を分けた、と書いたが、それよりも、スプリント戦を勝ち切るだけのスピードがモノを言う展開になった、と言うべきかもしれない。

 高速馬場で、前半3ハロン33秒8(NHKマイルカップは34秒3)という超ハイペースになったからだろうか。

 東京芝1600mのGIでもこういう決着になることがある――ということを、6月5日の安田記念のためにも覚えておきたい。

関連記事

BACK 1 2 3
ストレイトガール
戸崎圭太

競馬の前後の記事

ページトップ