野球場に散らばった余談としてBACK NUMBER

阪神の左腕、岩貞祐太がついに変貌!
きっかけは筒香嘉智への「その1球」。
 

text by

酒井俊作

酒井俊作Shunsaku Sakai

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/05/04 10:00

阪神の左腕、岩貞祐太がついに変貌!きっかけは筒香嘉智への「その1球」。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

4月2日のDeNA戦で勝利した時の岩貞。ピンチを三振で切り抜け……吠えた!

「新しい投球フォームが自分に合っている」

 わずか61cmの白い投手板が、岩貞の世界を変えた。香田は成長の要因を「一番は制球」と断言する。さらに「プレート位置を一塁から三塁に変えたこと。ストライクゾーンに入れるには、どっちがいいか。極端にインステップしていたからね」と指摘する。岩貞は腕が横から出てくる特徴があった。投球動作を見抜き、立ち位置を変更させていた。

 久保も「(三塁側なら)リリースの時、ストライクゾーンの中で投げられる。(一塁側なら)ボールゾーンから、ストライクゾーンに球を入れないといけなくなる」と説明する。インステップしていた右足を真っすぐ捕手方向へ。さらに、左腕の横振りを縦振りに修正。ただでさえ勢いがある球が、角度がつくことで球威を増し、打者を苦しめるようになった。

 今季対戦した、ある打者は「昨年も対戦したけど、もっと横だったのが、上から投げ下ろしてくる感じで角度もあった。甲子園のマウンドって低いはずなのに……」と舌を巻いていた。無駄な四球も減った。ベテランコーチの教えを受け止め、地道に取り組んだ成果が出ている。

 現実に目を背けず、変わることを恐れなかった。新進気鋭のサウスポーは「フォームを変えて、それが自分に合っていると思います」と胸を張る。生きる場所を見つけつつあるようだ。

関連記事

BACK 1 2 3
岩貞祐太
金本知憲
阪神タイガース
筒香嘉智

プロ野球の前後の記事

ページトップ