松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

スコアと手応えはいつだって違う?
松山英樹、マスターズ初日の内実。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/04/08 11:30

スコアと手応えはいつだって違う?松山英樹、マスターズ初日の内実。<Number Web> photograph by AFLO

自ら「悪くはない」という5打差につけた松山英樹。走ると強いスピースを掴まえることはできるだろうか。

珍しく考え込み、「うーん、どうしましょうねぇ」。

 1アンダー、71で13位。首位発進したスピースとは5打差がついた初日。

「可能性をつぶさなくて良かった」

 そう、まだつぶれてなどいない。まだ初日。あと3日、まだ希望はある。

 雨は降らなさそうだが、風はさらに強まる予報が出ている2日目からの3日間。どう挑んでいくつもりなのか。珍しく松山が答えに窮し、考え込んだ。

「うーん、どうしましょうねえ」

 数秒の間を置いて、彼はやっぱりいつもの結論に至った。「自分ができることをやる」という、いつもの結論。奇策など無い。

「まず自分のショットをうまく修正できれば、風にも対応できると思う。そこが大事かな」

 ホールアウト後、1時間以上練習に精を出していた松山は、キャディやトレーナーと時おり言葉を交わしながら、もう、いつもの笑顔をたたえていた。

 その笑顔とともに、いつものキレッキレのショットの感触も取り戻したと信じたい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松山英樹
ジョーダン・スピース

ゴルフの前後のコラム

ページトップ