#sotaronbaBACK NUMBER

名将ポポビッチがカリーを見事封印。
本気を出すと強い、スパーズの豪胆。 

text by

長澤壮太郎

長澤壮太郎Sotaro Nagasawa

PROFILE

photograph byNBAE via Getty Images

posted2016/04/06 11:00

名将ポポビッチがカリーを見事封印。本気を出すと強い、スパーズの豪胆。<Number Web> photograph by NBAE via Getty Images

ウォリアーズ戦で、ティム・ダンカンに指示を出すグレッグ・ポポビッチHC。

超人的なカリーが普通の人間に見えた瞬間。

 1つは、この先のプレイオフに向けて、チーム全体に自信と希望をもたらすことです。30点差で負けたままの感覚を良いものに変えたのです。

 2つ目は、ウォリアーズ、特にスプラッシュ・ブラザーズに嫌な印象を植え付けることです。実際、超人的なカリーが、この試合では普通の人間に見えた瞬間がありました。軍隊出身でCIAにもスカウトされた経験を持つポポビッチは、敵に与えるサブリミナル効果の大きさを誰よりも熟知しています。

 今シーズンを振り返った時、一番大切な試合はここだった、となることをポポビッチはわかっていたのかもしれません。

 名将が長年こだわり続けたルールを曲げて、ウォリアーズが不落でないことを実証したのです。

 しかしこの試合後、選手もポポビッチも、それを話題にすることも、振り返って浮かれる様子も一切ありませんでした。彼らは何もなかったように、普段通り淡々と勝ち星を積み重ねる生活に戻りました。

 全てを知る者こそ語らないとはよく言いますが、貝になったことこそが、全てを物語っているのでしょう。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

サンアントニオ・スパーズ
グレッグ・ポポビッチ
ステフィン・カリー
ゴールデンステイト・ウォリアーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ