ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

山中慎介がまさかの連続ダウン――。
余裕のV10が絶体絶命に変わった理由。

posted2016/03/07 11:50

 
山中慎介がまさかの連続ダウン――。余裕のV10が絶体絶命に変わった理由。<Number Web> photograph by Kyodo News

試合後に「(この苦戦を受けて)練習再開からテーマを決めてやっていく」と、キッチリ修正していくことを意識していた山中。

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 WBC世界バンタム級チャンピオンの山中慎介(帝拳)が4日、京都の島津アリーナ京都で同級3位のリボリオ・ソリス(ベネズエラ)と対戦して判定勝ち。日本歴代3位タイとなる10度目の防衛を成功させた。

 スコアはジャッジ3人ともに117-107だから山中の圧勝と言えるが、2度のダウンを喫するなど、スコア以上にヒヤヒヤ、ハラハラさせる内容で、山中は試合後「悔しい」という言葉を何度も使った。

“神の左”を持つ強打のサウスポー王者に何が起こったのか? “苦戦”には意外な要因が隠されていた。

 山中にとって今回のソリス戦は、これまでの多くの防衛戦がそうであったように「勝って当たり前」の試合に位置付けられていた。少なくとも周囲はそう見た。ソリスはバンタム級の1つ下、スーパーフライ級の元WBA王者で、日本で河野公平と亀田大毅という2人の世界王者を下しているとはいえ、試合内容はいずれも接戦。実力者ではあるが、あくまで「そこそこの」というレベルの挑戦者に思えた。

 まして山中は9度目の防衛戦で、WBA王座を12度防衛した実力者、アンセルモ・モレノ(パナマ)と事実上の“バンタム級頂上決戦”を行い、小差判定勝ちを収めていた。モレノと比べれば、ソリスは確実にワンランク落ちる。

 だだ、勝負の一番を終えた次の試合が危ない、という事例は尽きない。

絶対勝てると思った相手に負ける状況とは?

 真っ先に思い浮かぶのは2014年の八重樫東(大橋)だ。軽量級最強ボクサー、ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)と対戦して敗れた八重樫は、次の試合で勝てると目されたペドロ・ゲバラ(メキシコ)にボディブローを浴びてまさかのKO負け。3階級制覇に失敗した。

 のちに八重樫の参謀、松本好二トレーナーは「自分も、八重樫も、ゴンサレスのときと同じようにはどうしてもできなかった」と語っている。

 山中陣営もその点は覚悟し、杞憂に終わることを願っていたのだが……。

【次ページ】 「山中はアゴが弱い」というソリスの言葉。

1 2 3 NEXT
山中慎介
リボリオ・ソリス
河野公平
亀田大毅
アンセルモ・モレノ
ローマン・ゴンサレス
八重樫東
ペドロ・ゲバラ

ボクシングの前後のコラム

ページトップ