JリーグPRESSBACK NUMBER

NumberWeb版、2016年J1順位予想!
戦力的には3強状態、残留争いは? 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2016/02/26 07:00

NumberWeb版、2016年J1順位予想!戦力的には3強状態、残留争いは?<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

ゼロックス・スーパーカップでも激突したG大阪と広島。戦力的には、この2つに浦和を加えた3クラブが抜けているが……。

広島、G大阪、浦和の3強に割って入るのは……。

●飯尾篤史 サッカーライター

1位:鹿島アントラーズ
2位:FC東京
3位:サンフレッチェ広島
4位:ガンバ大阪
5位:浦和レッズ
6位:川崎フロンターレ
7位:横浜F・マリノス
8位:大宮アルディージャ
9位:ジュビロ磐田
10位:湘南ベルマーレ
11位:柏レイソル
12位:ヴィッセル神戸
13位:ベガルタ仙台
14位:アビスパ福岡
15位:名古屋グランパス
16位:アルビレックス新潟
17位:サガン鳥栖
18位:ヴァンフォーレ甲府

 昨季チャンピオンシップに出場した広島、G大阪、浦和の3チームが今季もチーム力、継続性、選手層、完成度においてトップにいるのは間違いない。そこに割って入るとしたら、どこか――。

 そんな視点で考えたとき、有力なのが鹿島とFC東京だ。鹿島は大きな戦力ダウンがない上に、金崎夢生の残留が土壇場で決まり(昨季はレンタル加入、今季はいったん所属元のポルティモネンセに復帰したのち完全移籍で復帰)、期待の助っ人ストライカー、ジネイのケガも完治。永木亮太や三竿健斗、櫛引政敏といった中堅、若手の獲得にも余念がない。シーズン途中からチームを立て直した石井正忠監督がキャンプからチーム作りに着手できたこと、ACLに出場しないため、スケジュール面でのアドバンテージがあることなど、プラスの材料ばかりだ。

 FC東京は戦力面ではここ数年、優勝を狙える選手層を誇っている。そこに、かつて解任された古巣に復帰する城福浩監督の覚悟、昨季の最終節で引き分け、得失点差でチャンピオンシップ出場を逃した選手たちの悔しさが掛け合わされるのだから、十分ダークホースになり得る。そこにもう一つ、夏の移籍市場で外国籍枠を整理し、新たに助っ人ストライカーを獲得できれば、チャンピオンシップ出場も見えてくる。

 昇格組の大宮と磐田はいずれも昨季のJ2で戦術面のベースが築かれており、そこに大宮はネイツ・ペチュニク、岩上祐三、磐田は山本康裕、中村太亮ら計算できる選手たちが加わり、戦力が整った印象だ。その2チームと比べ、福岡はやや戦力面で劣るが、井原正巳監督のもと戦術ベースがすでに構築されている点は大宮、磐田と同じ。一からチームを作り直そうとしているいくつかのJ1チームよりも上位に行けるだろう。

名古屋、鳥栖、甲府は降格の危機に。

 下位に予想したのは、その一から作り直そうとしているいくつかのチームと、大きな戦力ダウンを感じさせるチーム。

 名古屋の小倉隆史新監督は勉強熱心で、欧州サッカーへの造詣が深いのは間違いないが、レジェンドの満を持しての就任にもかかわらず、クラブによる本気のサポートが感じられない。また、期待の新助っ人、FWのシモビッチが小倉監督の目指す「5人目まで連動するサッカー」とどうもフィットしていない印象がある。

 昨季15位だった新潟は、山本康裕、大井健太郎が移籍したにもかかわらず、目だった補強がないのが気になるところ。また、吉田達磨新監督は、昨季柏でもスタイルの構築に時間がかかったため、苦戦が予想される。

 フィッカデンティ監督を招聘した鳥栖は「マガト騒動」に振り回され、監督決定が越年したこと、新監督のサッカーに最も必要だと思われたふたり、水沼宏太と藤田直之が移籍してしまったことが痛恨。フィッカデンティ監督自身、選手から人望を集めるタイプではないし、守備に重きを置くスタイルと言っても、ユン・ジョンファン監督時代のようにボールを奪いにいく守備ではなく、自陣でブロックを築く守備で、守るスタイルは大きく異なるため、苦戦を予想した。

 3年連続J1残留を成し遂げた甲府は、阿部拓馬、阿部翔平、伊東純也、下田北斗といったレギュラー陣の移籍があまりに多く、それを補う補強もできていない。また、外国籍選手が刷新され、とりわけFWのニウソンは未知数。クリスティアーノは2年ぶりの復帰となるが、前回在籍時はまるで輝きを放てていなかったのも懸念材料だ。

【次ページ】 最後の1人は広島のウタカに大注目。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

Jリーグの前後のコラム

ページトップ