フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

羽生結弦の大記録が全選手を高次元へ。
今季のGPファイナルは見どころが多い! 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2015/12/09 11:00

羽生結弦の大記録が全選手を高次元へ。今季のGPファイナルは見どころが多い!<Number Web> photograph by Asami Enomoto

GPファイナル3連覇という、前人未踏の偉業に挑むことになった羽生。

米国が3組も進出果たしたアイスダンス。

 アイスダンスは、GPシリーズ始まって以来初めて、チョック&ベイツ、シブタニ&シブタニ、そして初出場のハベル&ドノヒューと、アメリカのチームが3組進出した。そんな中で、優勝候補は唯一GP2試合を連覇した、カナダのウィーバー&ポジェである。昨年もこの大会で優勝した彼らが、ここでタイトルを守ることができるかどうかに注目。また4度目の出場となるイタリアのカペリニ&ラノテには、初のメダル獲得を期待したい。ロシアのボブロワ&ソロビエフは昨年の怪我を経て、2年ぶり、5度目の挑戦となる。

今季も注目のジュニアの見どころは?

 一方ジュニア男子は、昨年宇野昌磨に続いて2位だった山本草太が日本から唯一進出した。米国のネイサン・チェン、ロシアのドミトリー・アリエフら強敵とメダルを争うことになる。

 女子は昨年に続いてロシアと日本からそれぞれ3人が進出。だが日本は、昨年と全員顔ぶれが入れ替わり、今年は白岩優奈、本田真凜、三原舞依が初のジュニアGPファイナルに挑む。

 去年のジュニアGPファイナルチャンピオンは、宇野昌磨とエフゲニア・メドベデワ、そしてペアのセガン&ビロドーが、今季のシニアGPデビューで早くもファイナルに進出を果たした。世代の入れ替わりが早くなっている昨今、今回のジュニアたちからも目が離せない大会になりそうだ。

関連コラム

BACK 1 2 3
羽生結弦
宇野昌磨
浅田真央
ハビエル・フェルナンデス
村上大介
パトリック・チャン
山本草太
ネイサン・チャン
ディミトリー・アリエフ
白岩優奈
本田真凜
三原舞依
エフゲニア・メドベデワ
エレナ・ラジオノワ
アシュリー・ワグナー
グレイシー・ゴールド
エリック・ラドフォード
メーガン・デュハメル

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ