フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

羽生結弦の大記録が全選手を高次元へ。
今季のGPファイナルは見どころが多い! 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2015/12/09 11:00

羽生結弦の大記録が全選手を高次元へ。今季のGPファイナルは見どころが多い!<Number Web> photograph by Asami Enomoto

GPファイナル3連覇という、前人未踏の偉業に挑むことになった羽生。

女子シングルは予想が非常に困難!

 一方女子は、今季は誰が飛びぬけて強いという選手はいない。

 表現力において浅田真央に近づける選手はいないものの、ジャンプにおいては若手たちも難易度の高いコンビネーションを入れてくる。どの選手もそれなりに技術と表現力のバランスのとれた顔ぶれで、誰が表彰台に上がってもおかしくない試合になりそうだ。

 浅田真央にとっては、やはり最初の3アクセルを成功させて演技を波にのせることが一つのキーになるだろう。転倒はポイントが失われるだけでなく、体にとっての負担となる。ベテランの彼女にとって、全体のペースを保って2つのプログラムを可能な限りミスなくこなすことが表彰台の鍵となる。

それぞれの持ち味が見せる華やかな戦いを期待。

 初出場の宮原知子は、正確な技術に加えて、表現力が驚くほど伸びてきた。NHK杯で見せたような演技を繰り返すことができれば、バルセロナでもメダルが期待できる。

 ロシアのエレナ・ラジオノワ、エフゲニア・メドベデワはいずれも手堅くジャンプを決めてくる若手たち。アメリカのアシュリー・ワグナーは大きな試合での勝負に強く、初出場となるグレイシー・ゴールドは今季のプログラムが素晴らしい。

 誰が表彰台に上がるとしても、見ごたえのある華やかな戦いになりそうだ。

ペアはデュハメル&ラドフォードが守るか。

 一方ペアでは、全勝を続けている世界チャンピオン、昨年のGPファイナルチャンピオンでもあるデュハメル&ラドフォードがリードし、残りの組が彼らを追うという構図だ。

 出場7回目となる川口悠子&アレクサンドル・スミルノフには、ベテランらしい味わいのある演技で2個目のGPファイナルメダルを期待したい。ソチオリンピック銀メダリストのストルボワ&クリモフは昨シーズン後半から続いていたスランプから徐々に立ち直りつつある。

 ペアもトップチームの間では4回転スロウジャンプ、4回転ツイストリフトなどが珍しくない時代となった。充実した試合が期待できるだろう。

【次ページ】 米国が3組も進出果たしたアイスダンス。

BACK 1 2 3 NEXT
羽生結弦
宇野昌磨
浅田真央
ハビエル・フェルナンデス
村上大介
パトリック・チャン
山本草太
ネイサン・チャン
ディミトリー・アリエフ
白岩優奈
本田真凜
三原舞依
エフゲニア・メドベデワ
エレナ・ラジオノワ
アシュリー・ワグナー
グレイシー・ゴールド
エリック・ラドフォード
メーガン・デュハメル

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ