Jをめぐる冒険BACK NUMBER

福岡にあり、C大阪になかったもの。
J1昇格は「拠りどころ」のある者に。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/12/07 15:00

福岡にあり、C大阪になかったもの。J1昇格は「拠りどころ」のある者に。<Number Web> photograph by AFLO

FC東京、大宮でJ1の戦いを経験してきた中村北斗が福岡昇格の殊勲者となった。来季、再びJ1の舞台でどんな戦いを見せるのか。

3位のアドバンテージを生かすだけの力を養ってきた。

 1点取ればいい。同点に追いつくだけでいい。

 その状況こそ、まさに福岡がシーズンを通して右肩上がりの成長を遂げ、3位の座を手にしたからこそ掴めたアドバンテージだった。

 もっともそのアドバンテージも、同点に追いつかなければ効力を発揮しない。しかし追いつくだけの力が福岡にはあり、そのための力を彼らはシーズン中に養ってきた。

 3バックを導入して守備戦術を整備し、粘り強さと「全員守備・全員攻撃」の意識をチームに植えつけてきた井原正巳監督が言う。

「主導権を握れていない時間帯でも、全員の力でしっかりとゲームをコントロールして、少ないチャンスでもゴールを挙げる。そういう逞しさや勝負強さはこの1年でかなり付いたのではないかなと思います」

 その少ないチャンスが福岡にめぐってきたのは、86分だった。

 左サイドで仕掛けた金森健志からオーバーラップしてきた亀川諒史にボールが渡り、グラウンダーのクロスが流し込まれる。

 ところが、ゴール正面で中原貴之が合わせ損ない、ボールはゴール前を横切っていく。

 万事休す――。そう思った瞬間にファーサイドに走り込んできたのが、右ウイングバックの中村北斗だった。

 角度のないところから放たれた渾身のシュートが逆サイドネットに突き刺さる。こうして、福岡が3位のアドバンテージを生かせる状況に持ち込み、C大阪の捨て身のパワープレーをしのぎ切った。

山口蛍「難しい1年ではありました」

「難しい1年ではありました。もっと上手くできたな、っていうものもある。そういうところを探せばたくさんあるので、何かひとつは挙げられないですね」

 そう言って表情を曇らせたのは、C大阪のキャプテン山口蛍である。

 二度の監督交代の末にJ2に降格し、1年でのJ1復帰を誓った今シーズン。ブラジル人指揮官、パウロ・アウトゥオリを新たに迎えたが、チームの陣容はなかなか定まらず、初の連勝は第10節まで待たなければならなかった。

 夏にチーム最多得点のフォルランが退団して攻撃陣の再編を迫られると、10月には指揮官が辞任を匂わせ、チーム内に動揺が走った。結局、リーグ戦残り1試合という段階になって指揮官の交代が決まり、強化部長だった大熊清が監督に就任した。

【次ページ】 代表クラスが揃っても、拠りどころがなければ……。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アビスパ福岡
セレッソ大阪
中村北斗
井原正巳
山口蛍
大熊清

Jリーグの前後のコラム

ページトップ