オリンピックへの道BACK NUMBER

樋口、白岩ら新たな才能が続々と。
日本女子フィギュア、豊穣の冬到来。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2015/12/06 10:40

樋口、白岩ら新たな才能が続々と。日本女子フィギュア、豊穣の冬到来。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

樋口はジュニアデビューの昨季、全日本選手権3位、世界ジュニア選手権3位。今季はどんな戦いを見せるか。

シニア参戦も視野に入れたプログラム。

 チャレンジは、プログラムの構成に表れている。例えばショートプログラム。3つのジャンプはすべて後半に組み入れている。得点は後半の方が高くなるが、一方では負担も大きくなる。

 今大会では変更してきたが、フリーでも2つ目にループ、トウループと2種類のジャンプをつけた3回転連続ジャンプを入れていた。より高いレベルを志しての取り組みであり、成績にはつながってこなかったが、ここに来てようやく、精度を上げてきたことが優勝につながった。

 むろん、高レベルを期したのは全日本ジュニアのためだけではない。今シーズンを見通しての、さらには今後を見据えてのチャレンジだ。そういう意味では、シニアとの対戦となる全日本選手権をはじめ、シーズン残りの大会での滑りが楽しみになる全日本ジュニア選手権だった。

2位には白岩、その下にも有力選手が続々。

 目をひいたのは、樋口ばかりではなかった。

 2位には中学2年生の白岩優奈が入った。ジュニアグランプリ2戦で2勝し、ジュニアグランプリファイナル進出も決めた新星だ。今大会でも、ショートで2位につけ、フリーでは最初のトリプルルッツ-トリプルトウループを成功させ、続くトリプルサルコウ-トリプルループこそループが回転不足となったが、あとはミスなく滑りきって2位。総合でも2位となった。シーズンを通して見せてきた力を発揮した。

 樋口、白岩以外にもまた、見ごたえある滑りを見せる選手が相次いだ。1つのミスも許されない、そんな思いすら抱かせる緊迫感が続いた。

 ジュニアグランプリファイナルには、白岩をはじめ、本田、三原と3名が出場する。出られるのは6名、昨シーズンに続き、日本勢が半分を占めている。

 しかも樋口やファイナルに出場する3名だけでなく、彼女たちに競りかける存在が幾人もいるのが現在だ。

【次ページ】 全日本選手権で、昨年は樋口が3位に。

BACK 1 2 3 NEXT
樋口新葉
白岩優奈
本田真凜

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ