沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

7年間で5勝、日本の牝馬がJC制覇。
ショウナンパンドラが「名馬」の域へ。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2015/11/30 11:15

7年間で5勝、日本の牝馬がJC制覇。ショウナンパンドラが「名馬」の域へ。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

距離が延びれば延びただけ強いショウナンパンドラ。有馬記念も射程圏に捉えたか。

プレゼンターを務めた五郎丸歩にちなんで?

 ところで――。ラグビー日本代表の五郎丸歩がジャパンカップのプレゼンターをすることが早くから発表されていたので、5番のペルーサと6番のラストインパクトや、5枠のダービーフィズとサウンズオブアース、6枠のミッキークイーンとゴールドシップといった「五郎丸馬券」を買う、と話していたファンも多かった。

 すると、本当に6番のラストインパクトが人気以上に好走して連に絡み、五郎丸の背番号と同じ15番のショウナンパンドラが勝って「五郎丸馬券」になった。

 なお、競馬場は初めてという五郎丸自身は、馬券を買っていなかったという。

 ショウナンパンドラの次走は有馬記念になりそうだ。来年は海外遠征も視野に入れている。

 有馬記念では、ラブリーデイ陣営が雪辱を期しており、ラストランとなるゴールドシップも確実に状態を上げてくる。菊花賞上位組も出てきて、年度代表馬決定戦になりそうな有馬記念が、より楽しみになった。

関連記事

BACK 1 2 3
ショウナンパンドラ
ゴールドシップ
ラストインパクト
五郎丸歩

競馬の前後の記事

ページトップ