全日本ラリー選手権レポートBACK NUMBER

好天に恵まれ5万人超の観客が来場。
勝田親子がJN6、JN5クラスを制覇! 

text by

CINQ(サンク)

CINQ(サンク)CINQ

PROFILE

photograph byCINQ

posted2015/11/13 17:50

好天に恵まれ5万人超の観客が来場。勝田親子がJN6、JN5クラスを制覇!<Number Web> photograph by CINQ

表彰台で祝福される勝田範彦。息子・勝田貴元の将来も楽しみとなった。

予想通り、大きな山場となった雁峰北ステージ。

 海外ラリーの経験が豊富な新井敏弘(田中直哉 スバルWRX STI)は、「スピード自体は低いけど、ひとつのコーナーでミスしてしまうと、そのロスを取り返せないどころか次のコーナーにも影響してどんどんタイムが遅くなってしまう。リズミカルにコーナーをクリアしなければ好タイムを望めないし、そのタイミングも取りづらい。こういう特殊なステージは、海外でもあまり例がない。ドライバーにとってもコ・ドライバーにとっても苛酷なステージだと思う」と、雁峰北の印象を語っている。

 ラリーは、新井の言葉どおりに雁峰北ステージが大きな山場となった。

 オープニングのSS1は、勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)がベストタイムをマーク。雁峰北と同様のテクニカルステージSS2「上平井1」(5.074km)でも連続ベストタイムを奪い、2番手の新井に8.8秒差を付けて首位に立った。

テクニカルステージは勝田。高速ステージは新井。

 だが、SS3「鬼久保1」(6.711km)から新井の反撃が始まった。

 今年、新たなギャラリーステージとして設定されたこのステージは、鬼久保ふれあい広場内の場内路からかつて有料道路として使用されていた2車線のワインディング道路を一気に駆け抜ける高速ステージだ。このSSで新井は、海外仕込みのスピードを発揮し、勝田との差を3.2秒差に詰め寄ることに成功。新城総合公園内に設けられたSS4「県営新城総合公園W」(0.813km)でも勝田との差を縮め、2.3秒差にまで迫った。

 テクニカルステージでは勝田、高速ステージでは新井が速さをみせたこの戦い。午後のステージでも同じようにこの争いは繰り返されることとなった。

 テクニカルステージのSS5とSS6は勝田がベストタイムを奪い、新井との差を一気に13.8秒差まで広げてくる。だが、高速ステージのSS7では新井が3.6秒返し、両者の差は10.2秒に。その後も新井がわずかに勝田との差を詰めるが、1日目は勝田が新井に9.2秒差を付け、首位を守り切った。

【次ページ】 新城ラリーの最多優勝回数6回を記録した男。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

新井敏弘
勝田範彦

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ