全日本ラリー選手権レポートBACK NUMBER

好天に恵まれ5万人超の観客が来場。
勝田親子がJN6、JN5クラスを制覇! 

text by

CINQ(サンク)

CINQ(サンク)CINQ

PROFILE

photograph byCINQ

posted2015/11/13 17:50

好天に恵まれ5万人超の観客が来場。勝田親子がJN6、JN5クラスを制覇!<Number Web> photograph by CINQ

表彰台で祝福される勝田範彦。息子・勝田貴元の将来も楽しみとなった。

勝田が、親子で優勝という偉業を達成!

 もう1人の注目株、勝田貴元はSS1を約1㎞走行した時点でフロント左タイヤをパンクさせてしまい、クラストップから57.1秒遅れの14番手となってしまう。ラリー序盤でアクシデントに見舞われた勝田は、SS2から一気にペースを上げ、1日目の最終ステージとなるSS10まで9連続ベストタイムをマーク。怒濤の追い上げで順位を3番手に上げるとともに、トップの眞貝との差を11.4秒差に縮めた。

 2日目も勝田の勢いは止まらず、2日目最初のSS11で2番手の天野、トップの眞貝を一気に逆転して首位に浮上。SS15は曽根崇仁/桝谷知彦(トヨタ86)がベストタイムを奪うものの、2日目に設定された7SS中6本のSSでベストタイムを奪う驚異的な速さで今季初優勝を飾った。

 2位には眞貝、3位には天野が入賞。初日最後のサービスでターボ交換を行った新井は、2日目にペースを上げ6位まで順位を上げフィニッシュした。

「パンクした時点でSSの残り距離が10km近くあり、ステージの途中でタイヤ交換を行なうか、それともパンクしたまま走るか悩んだのですが、タイヤ交換した場合は間違いなく2分以上遅れてしまうので、そのまま走り切ることにしました」と勝田。

 パンクしながらもタイムロスを最小限に食い止めた勝田の努力が、奇跡的な逆転優勝に結びつき、親子で優勝という偉業を成し遂げた。

TOYOTAのモータースポーツへの挑戦
『TOYOTA GAZOO Racing』   http://gazooracing.com

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

新井敏弘
勝田範彦

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ