サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

日本代表の連係が機能しない理由。
本田圭佑が語る、クラブとの“齟齬”。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2015/09/05 10:50

日本代表の連係が機能しない理由。本田圭佑が語る、クラブとの“齟齬”。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

重苦しい沈黙を左足のミドルシュートで破った本田圭佑。個人のスキルで今回は事なきを得たが、攻撃の形なくして代表の強化はありえない。

大胆な攻撃と細かい崩しのバランスは。

 中盤より前に位置した欧州組の選手たちは、それぞれが所属するクラブのスタイルと、バイエルンのような強豪に抗う必要性のもとでプレーせざるを得ない。それはJリーグの各クラブにはあまり見られない要素である。

 理由はさまざまあれど、日本代表がカンボジア相手に見せた試合内容がとても満足できるものではなかったことは事実だ。稚拙な連係やイージーミスは選手個々の責任であることも間違いない。ただその原因を紐解くと、一見わかりにくくとも、実は大きな影響を選手達に与える要因があることもわかってくる。

 大胆な攻撃を続ければ、細かい部分が疎かになる。細かな崩しばかり意識してプレーすれば、ゴールに向かうというサッカーにおける最たる目的を忘れることもある。日本代表が今の閉塞を打破するために必要な立ち位置とは――。簡単そうに見えて、意外に難しくもある課題である。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
本田圭佑
ヴァイッド・ハリルホジッチ
ロシアW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ