サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

ドイツで絶賛切り裂き中の原口元気!
引いた相手にこそ、ドリブルの出番。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/09/03 11:15

ドイツで絶賛切り裂き中の原口元気!引いた相手にこそ、ドリブルの出番。<Number Web> photograph by AFLO

浦和レッズ時代、サポーターに数々の歓喜をもたらした原口。約1年半ぶりとなる埼玉スタジアムでのゴールを決めることができるか。

ハリルが求める“PKを奪う選手”に?

 奇しくも、ハリルホジッチ監督は今回の代表のメンバー発表会見で“日本にはPKをもらう文化がない”と指摘していた。原口はPKについて「狙って取るものではないし、(ゴールまで)いけるなら自分で行きたい」と前置きしたうえで、こう話した。

「タイミングよく中に入っていくことで、そういう(ファールで止めざるを得ない)プレーも生まれるんじゃないかなと思います」

 冒頭に挙げたブンデスリーガのブレーメン戦で見せたようなドリブルを、今度はペナルティエリア近辺で仕掛けていけば、PKのチャンスも生まれるかもしれない。逆に、ファールを恐れて寄せが遅れれば、決定的なシーンが作れるだろう。

 カンボジア戦ではベンチスタートが濃厚と見られている。しかし、今回も相手が引いてくれば、シンガポール戦のように攻めあぐむ可能性はある。そのときに、原口がブンデスリーガで見せているようなプレーを自然に出せれば、日本にとって歓喜の瞬間が訪れたとしても全く不思議ではないのだ。

関連記事

BACK 1 2 3
原口元気
ヘルタ・ベルリン
ヴァイッド・ハリルホジッチ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ