世界陸上PRESSBACK NUMBER

2915日後に立ったTVの“向こう側”。
やり投げ・新井涼平が世界陸上で9位。 

text by

宝田将志

宝田将志Shoji Takarada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/08/27 11:30

2915日後に立ったTVの“向こう側”。やり投げ・新井涼平が世界陸上で9位。<Number Web> photograph by AFLO

昨年はアジア大会で銀メダルを獲得し、日本歴代2位の記録も出した新井涼平。世界陸上でリオ五輪の内定を取ることは叶わなかったが、彼が日本のエースであることは間違いない。

「練習する才能。13時から24時までやっている日もある」

 3年で全国高校総体4位など実績を作り、国士舘大学に進んだ。スカウトした岡田雅次監督は、こう当時を振り返る。

「記録的には大したことなかったし、無茶苦茶な投げだったけど、動き、体にキレがあった。そういう、教えても出来ないものを持っていた」

 そして、大学で実際に指導するようになり、新井の類い稀な資質を目の当たりにする。

「練習する才能。13時から24時までやっている日もあるくらい。何であんなに集中力がもつのか、同じことを真面目にできるのか。腹筋だけで2時間とかやってますからね」

 地力を徐々に蓄え、'09年世界選手権銅メダリストの村上幸史(スズキ浜松AC)、同学年で'12年ロンドン五輪代表のディーン元気(ミズノ)に次ぐ「第3の男」と認められるようになると、社会人1年目の昨年、国民体育大会で日本歴代2位となる86m83を投げ、一気に日本のエースに登り詰めた。

ぶっつけ本番の日本選手権で代表をつかみ、世界陸上へ。

 期待された今季はしかし、苦しいスタートだった。

「技術を新しく変えようと思ったことがあったんですけど、それを急いでやってしまって」

 冬期練習で、やりに伝える力を高めようとリリースの瞬間に体を前にきゅっと縮めるような動きを試した。ほどなく腰と左脇腹、左足首が悲鳴をあげた。ウェイトトレーニングどころか、ジョギングも出来なくなってしまった時期もある。

 そのまま2月の南アフリカ合宿に飛んだが、痛んだ体は内臓も弱っており、「最後はクッキーくらいしか食べられなくなった」。3週間の滞在予定を2週間で切り上げて帰国。通常93kgの体重は5kgも落ちていた。

 投擲の精度を上げる作業に再び取り組み始めたのは、故障も癒え、ほぼぶっつけ本番だった6月の日本選手権で代表切符をつかんでからである。

「今できる力を出したい。世界陸上はやり投げを始めたきっかけだし、不甲斐ない試合はしたくない」

 体の「面」が前に潰れたり開いたりせず、しっかり正面にして投げられるよう修正したという。

【次ページ】 心を動かされたビッグスローから2915日。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

新井涼平
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ