世界陸上PRESSBACK NUMBER

大瀬戸一馬の“勝負強さ”を見よ!
「短距離界エース候補」に返り咲け。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/08/21 10:05

大瀬戸一馬の“勝負強さ”を見よ!「短距離界エース候補」に返り咲け。<Number Web> photograph by AFLO

小学生時代から陸上界ではその名をとどろかせてきた大瀬戸一馬。世界陸上で再び短距離界のエース争いに名乗りをあげるか。

補欠から急遽出場してチームを救ったリレーでの激走。

 それでも、2年生になってからは少しずつ巻き返してきた。

 2014年には、世界リレー選手権の男子4×100mリレーの一走で出場、5位となった。

 今年5月にバハマで行なわれた同選手権でも一走で起用されると、大瀬戸は持ち味であるスタートからの好走を見せ、二走へとつなぐ。アメリカ、ジャマイカに次ぐ堂々3位で、日本は来年のリオデジャネイロ五輪の出場権を獲得した。

 実はこのリレーでは、本来は補欠だった。だが怪我人が出たことで急遽起用された経緯がある。その中で見せた走りは、チームを救うものだった。

 そして、8月に北京で行なわれる世界選手権代表にも選ばれた。

 メンバーの中での争いがある以上、まだ走ると決まっているわけではない。それでも、ここ2年のリレーで見せた走りは、大瀬戸の勝負強さを感じさせるものだった。世界選手権でも、その部分は強みとなる。

 何よりも、大舞台を経験することはきっと大瀬戸の財産となるはずだ。

 世界リレーなどでも海外のスプリンターとしのぎを削ったが、さらに大きな場での真剣勝負は、今後へのモチベーションとなり、刺激となるからだ。

 期待を集めてきた星が、ほんとうの輝きを見せるために。

 世界選手権での大瀬戸の爆発を楽しみにしたい。

関連記事

BACK 1 2
大瀬戸一馬
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ