Number ExBACK NUMBER

清宮幸太郎を甲子園に導いた
2つの特別な「原動力」。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byShota Matsumoto

posted2015/08/05 10:30

清宮幸太郎を甲子園に導いた2つの特別な「原動力」。<Number Web> photograph by Shota Matsumoto

1999年生まれの清宮。2006年に斎藤佑樹の活躍を見たとき、彼は小学1年。小学4年で野球を始め、中学1年でリトルリーグ世界一を経験。高校1年の今年、また彼に注目が集まる――。

甲子園球場を母とする血が流れている。

 Number883号では、スポーツライターの金子達仁氏が清宮の父、克幸氏(ラグビーのヤマハ発動機ジュビロ監督)から深層を聞き出すことに成功している。

 父いわく――。

「ほら、幸太郎が生まれたころって、ウチ、夫婦ともにサントリーの社員で共働きだったじゃないですか。で、嫁の実家に面倒みてもらうことが多かったんですけど、ま、おじいちゃんがなんていうか、結構なアンチ巨人で(笑)」

「(本来右利きの幸太郎が左打ちになった理由は)金本(知憲)の存在じゃないかな。幸太郎にとって、最初のヒーローですから」

 詳しくは誌面をお読みいただくとして、つまるところ、清宮幸太郎には元来、甲子園球場を母とする“黄色い血”が流れていたのだ。だからこそ、「戻る」という言葉がけれん味なくあらわれるのである。

 大逆転で西東京を制した7月26日の決勝戦後、報道陣とこんなやり取りがあった。

「(地方大会では)ホームランはなかったわけですけど、1本打ちたいなという思いも残りましたか?」

「まあそうっすね。甲子園にとっておきます」

 さあ、100周年の夏本番がやってくる。剋目して待とう。“聖地の申し子”の、浜風を切り裂くような挨拶がわりの一発を。

Number883号は高校野球誕生100周年を記念した総力特集。清宮幸太郎の深層に迫る記事を掲載しています。記事の全文を、緊急アンケート「夏の甲子園・記憶に残る名勝負・名試合ベスト100」の結果と合わせてぜひお読みください。
夏の甲子園 百年の青春。

Sports Graphic Number 883

夏の甲子園 百年の青春。

 

関連記事

BACK 1 2
清宮幸太郎
早稲田実業高校

高校野球の前後の記事

ページトップ