プレミアリーグの時間BACK NUMBER

マンU今季の移籍戦略は大型&的確。
“真剣に”優勝を争う布陣が完成間近。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/07/20 10:40

マンU今季の移籍戦略は大型&的確。“真剣に”優勝を争う布陣が完成間近。<Number Web> photograph by AFLO

クラブ、代表であらゆるタイトルを総なめにしてきたバスティアン・シュバインシュタイガーの存在は、マンUにとって大きな力になる。

ルーニー「真剣に優勝を争えると思っている」

 しかしマンU陣営には、GK人事で追いつめられているという様子はない。いざとなれば、契約切れとなる来夏に無償で手放すことを前提にデヘアに今季残留を強いればよいという、サッカー界最高レベルの収益力を持つクラブらしい余裕の金銭感覚があるのかもしれない。

 無論、デヘア放出を認める替わりに、ラモスと金銭との抱き合わせをレアルに要求することも可能だ。手に入る移籍金は査定額とされる3500万ポンド(約65億円)を下回ることになるが、それでも以前からファンハールの新GK候補リスト上位にあるとされるヤスパー・シレセン(アヤックス)の獲得費用の大半が賄えると思われる。

 チーム最前線と最後尾の人事は決定していないものの、マンUは今夏の各移籍交渉で主導権を握りながら然るべき補強を行っている。昨季トップ3のチェルシー、マンチェスター・シティ、アーセナルも戦力アップを図っているが、机上の計算では、昨季王者との間に存在した17ポイント相当の戦力差は着実に縮まりつつある。「真剣に優勝を争えると思っている」とはルーニーの言。ファンハール体制下のキャプテンによる発言の真実味は、マンUファン以外も認めなくてはならなそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
マンチェスター・ユナイテッド
ルイス・ファンハール
モルガン・シュナイデルラン
エディンソン・カバーニ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ