SCORE CARDBACK NUMBER

“世界一の選手”が選んだ効率無視の戦いの果て。
~NBAファイナル、レブロンの矜持~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2015/07/07 10:30

“世界一の選手”が選んだ効率無視の戦いの果て。~NBAファイナル、レブロンの矜持~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

得点、アシスト、リバウンドで両チームトップの成績なるも、刀折れ矢尽きたジェイムズ。

「自分は世界一の選手だから、自信がある。それだけのことだ」

 NBAファイナル第5戦後にレブロン・ジェイムズがそう言い切ると、記者たちは思わず顔を見合わせた。ジェイムズが世界一の選手であることに異議を唱える者はほとんどいない。それでも、いつも個人よりチームを強調する彼が、わざわざ「世界一の選手」と口にしたことが珍しく、意外だったのだ。

 もっとも、少し考えればその意図は理解できた。第4戦、第5戦と連敗して優勝への王手をかけられたことで、チームメイトは自信を失いかけていた。シリーズを通して、ジェイムズがいるということだけを支えに戦ってきた彼らを勇気づける必要があったのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 608文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大谷翔平とプロ野球新時代。

Sports Graphic Number 881

大谷翔平とプロ野球新時代。

 

関連記事

クリーブランド・キャブズ
レブロン・ジェームズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ