SCORE CARDBACK NUMBER

名脇役として晴れ舞台へ。リビンストンの“復活”。
~大怪我乗り越えNBAファイナルへ~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2015/06/18 10:30

名脇役として晴れ舞台へ。リビンストンの“復活”。~大怪我乗り越えNBAファイナルへ~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

ウォリアーズとの契約は3年。大怪我以降、耐えに耐えてようやく見つけた“居場所”だ。

 11年前、ショーン・リビンストンはレブロン・ジェイムズのすぐ後を追いかけていた。ジェイムズが高校卒業と同時にNBA入りした1年後の'04年に、同じく高卒後にNBA入り。ジェイムズほど圧倒的ではなかったが、同年代の中では頭ひとつ抜けたサイズと能力を持ち、クリッパーズに4位でドラフト指名された。将来のオールスター選手として期待されており、自分でも、何でもできると思っていたという。

 世界が一変したのは'07年2月。何ということのない速攻からのレイアップの着地に失敗し、膝のほぼすべての部位を断裂や脱臼する大怪我を負った。選手生命の危機にさらされただけでなく、故障直後には足を切断する可能性さえあったほどだ。まだ21歳の時だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 587文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

待ってろ、ウィンブルドン。

Sports Graphic Number 880

待ってろ、ウィンブルドン。

 

関連記事

ショーン・リビンストン

バスケットボールの前後の記事

ページトップ