Number ExBACK NUMBER

なでしこ、集大成のワールドカップへ。
澤穂希と大儀見優季、ふたりの思い。 

text by

日々野真理

日々野真理Mari Hibino

PROFILE

photograph bySatoru Kaneko

posted2015/06/08 11:00

なでしこ、集大成のワールドカップへ。澤穂希と大儀見優季、ふたりの思い。<Number Web> photograph by Satoru Kaneko

大儀見優季(左)は3度目の、澤穂希にとっては6度目の出場となるW杯。王者として臨む今大会、どのような戦いを見せるだろうか。

「4年前の私とは同じじゃない」

 毎日の暮らしの中でも、前回のワールドカップ後から取り組んだ体幹トレーニングをコツコツと続けた。「地道に続けることで結果が出るトレーニングだから私にはあっていたのかも」。積み重ねた毎日の成果は、着実にプレーにあらわれた。

「イメージしているプレーに、体がついてくるようになった。そしてまた、そのイメージを大きく膨らませることができるようになり、それを繰り返していく感覚」

 そうして進化を続けて、このワールドカップを迎えた。

「4年前の私とは同じじゃない。目的は同じだけれど、4年間いろんな道をたどりながら作ってきたものがある。FWとしてゴールにこだわるのは変わっていないけれど……。その違いを世界大会で出したい」

 澤穂希と大儀見優季。

 2人にとっての集大成の舞台となるW杯初戦は、9日11時(日本時間)からのスイス戦。

 彼女たちの活躍に期待したい。

筆者が聞いた澤穂希と大儀見優季の「W杯への決意」。
人知れず積み重ねた努力、苦しみもがいた時間が生み出したものとは――。
この2人のロングインタビューは、Number879号でお楽しみください。
指揮官ハリルホジッチの正体。

Sports Graphic Number 879

指揮官ハリルホジッチの正体。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

澤穂希
大儀見優季

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ