ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

遠くなった距離と、見えてきたもの。
石川遼とマスターズの「現在の関係」。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/23 10:50

遠くなった距離と、見えてきたもの。石川遼とマスターズの「現在の関係」。<Number Web> photograph by AFLO

マスターズ翌週のRBCヘリテージに出場した石川遼は、予選は突破したものの+4で75位タイに終わった。今年に入ってから10戦中6戦で予選落ち、苦しい戦いは続く。

遠くはなった、しかしいまは距離がはっきりとわかる。

 だが、マスターズに対する気持ちは、あの頃よりも鮮明かも知れない。

「いまは『積み重ねよう』という気持ちしかない。自分はそれができていない。すごくシンプルだと思う。マスターズに出ている人、マスターズで優勝争いをしている人と僕は、積み重ね方が違った。紙の枚数を積み重ねているつもりが、下が底抜けだったら何も意味がない。自分の現状がそういう感じだったなあと思う。もがいて、もがいて、いろいろ練習したり、クラブを替えて試したりしたけども、“やりすぎた感じ”がある。積み重ねてきたものを、信頼できなかった」

 石川にとって、マスターズがいまも成長の源であることに変わりはない。

「左の池に向かって下って傾斜する11番……」

 全く違う場所での何気ないアプローチ練習の場面でも、オーガスタナショナルのホールを頭に描き、ブツブツとつぶやくことがある。過去5度の出場は、誰が何と言おうと血となり肉となっている。

「頑張って努力していく時間よりも、衰えていくスピードの方が10倍も、20倍も速い。なかなか進んでいるように見えないけれど、諦めて怠けると衰えていく。いまは『信じてやるしかない』という心境」

 現在地からオーガスタは遠い。しかし、その距離がどれだけのものか、曖昧だったあの頃よりもずっとはっきりと分かる。それが石川遼の「いま」である。

◇        ◇        ◇

国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!
「ゴルフダイジェスト・オンライン」   http://news.golfdigest.co.jp/

コメントする・見る

関連コラム

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

石川遼
松山英樹
ジョーダン・スピース

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ